Super HID Bulb Revo
PDFファイルをご覧頂く為にはAdobe readerが必要です。
お持ちでない方は、ダウンロードしてからご覧ください。
  スーパー エイチ アイ ディ バルブ レボ
          オープン価格
弊社のHIDユニット及びバルブは、信頼出来る最高の技術と高品質規格により生産されており、
発光中のUV(紫外線)をカットしておりますので、ヘッドライトが樹脂レンズの車両でも変色による曇りを起こさず明るい視界を確保します。
また、Super HID Bulb Revo は従来のD2S/D2Rはもちろん新型車両に多い水銀フリーのD4S/D4Rもラインナップ!!
カラーのバリエーションも豊富に
4500K(PureWhite)・6000K(PremiumWhite)8000K(PureBlue)・12000K(SapphireBlue)の
4種類をラインナップ!  ※カラー名称はイメージです。D4タイプは 6000K / 8000K / 12000kのみとなります。
写真はイメージです。お使いのモニターによって色が異なって見える場合が御座います。
D2シリーズとD4シリーズには互換性が御座いませんのでご購入の際はご注意ください。
バルブ形状
品番
色温度(ケルビン数)
遮光板(シェード)について
D2/D4仕様の場合 D2/D4仕様の場合
バルブ形状
品番
色温度(ケルビン数)
リフレクターヘッドライトタイプ
プロジェクターヘッドライトタイプ
     遮光板(シェード)が     精密+ドライバーでビスを
     付いた状態で使用して     2ヶ所外し、遮光板が無い
     下さい。     状態で使用して下さい。
安全及び取り付けに関するご注意
  ●アーシング等のシステムを装着のお車は、作動不良を起こす場合があります。
●取り付けの際は、専門家と相談し行って下さい。誤った扱いをした場合、電気ショックを起こす場合があります。
●本製品は12Vバッテリーの自動車専用です。指定以外の電圧の車両や自動車以外に使用しないで下さい。
●本製品の取り付け、配線、使用方法を間違うと車両の装置、機器類を破損又は、損傷する恐れがあり、火災、感電、故障の原因となります。
●HIDバルブ、バラストを接続する際は、接続が確実に出来ているかご確認下さい。
●点灯中のバルブは大変高温になります。熱い状態で触れると火傷をする恐れがありますので、バルブが十分に冷えた事を確認して下さい。
●点灯中のバルブを直視すると目が痛くなったり、視力障害の原因となる恐れがありますので、点灯中はバルブを直視しないで下さい。
●ご使用の際は取扱説明書をよくお読みの上、正しくお使い下さい。
●本製品は、車種により取付スペースや車両側の電気的な特性で装着できない場合があります。車検対応品(注1・注2参照)として製造しておりますが、通常のハロゲンバルブと異なる発光色に
見えるため、検査官によってはごく稀に不適合と判断される場合が御座います。又、一部の車両ヘッドランプと組み合わせた場合に光軸調整などが正常に行なえない場合は不適合と判断され
る場合が御座います。この場合、通常の使用には問題ありませんが、車検の際は一旦ハロゲンバルブに戻して下さい。これに関わるご請求は一切お受けできませんので予めご了承下さい。
●車両によって使用されているバルブの形状が異なりますので、お買い求めの際はお車に合った規格サイズ及び,適合表をご確認の上お選び下さい。又、HIDバルブ装着にはバルブ後方スペー
スが必要ですのでご確認下さい。
●指定された線を探すときは必ずサーキットテスターを使用し、検電器(ランプテスター)等は使用しないでください。
●本製品を取り付けする際は、他の機器に影響を与えない場所及び運転に差し支えのない場所に設置して下さい。
●車両のバッテリーが弱っている状態及び、車両本来の機能に不備がある場合には本製品を取り付け又は、使用しないで下さい。製品が正常に動作しなかったり、車両機器に影響を与える恐れ
があります。
●本製品の取り付けは、取り付け技術のある販売店で行って下さい。
●本製品と他機器と併用して使用する場合、他機器の取扱説明書もよくお読みになり正しい使用方法で使用して下さい。
●指定以外の電圧では使用しないで下さい。火災・感電・故障の原因となります。
●本製品を取り付けする際、電源の極性(+・−)を間違えないようにご注意下さい。又、電源コードが車体の金属部分に触れないようにご注意下さい。火災・感電・故障の原因となります。
●取り付けの際には必ずエンジンを停止した状態で行って下さい。火災・感電・故障の原因となります。
注1:道路運送車両法の保安基準改正により前照灯の灯光色が「白色及び淡黄色」から「白色のみ」に改定されました。
  本製品の3000Kは平成18年1月1日以降生産の車両に装着された場合、車検非対応となります。(平成18年以前の車両は車検対応となります)
注2:8000K・12000Kは競技車両専用品です。車検には適合しませんので、公道でのご使用はお避け下さい。