車速感応式ドアロックシステム
PDFファイルをご覧頂く為にはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、ダウンロードしてからご覧ください。
時速 約15〜20km/hに達すると、自動でドアをロック
シフト[ D ]⇒[ P ]で
ドアをアンロック
付属スイッチ操作でアンロック!
ワンプッシュアンロック機能
エンジン停止を検出!
自動アンロック機構
販売価格
¥11,000(税別)
JANコード 4950094060533

シフトを「D」レンジに入れ、走り出すと約15km/h〜20km/hで自動的にドアロック!!
停車後にシフトを「P」レンジに入れると自動的にアンロックするので煩わしい操作は不要!!
ちょっとした乗り降りなら、シフトは「D」のままでも付属のスイッチを押せばアンロック!!
同乗者、特にお子様の不注意によるドア解放防止に!!
高級車に標準装備されている「車速感応式ドアロック機能」があなたの車にも!!

※一部車種にはお取付できません。詳しくは「動作確認車種一覧」をご覧ください。
※一部車種では速度が10m/h未満でドアロックが動作する場合があります。
 
※アイドリングストップ装備車は、エンジン再始動時のバッテリー電圧降下によりアンロックする場合がありますので、取付け出来ません。  
掲載されていない車両につきましては弊社では情報を保有しておりませんので、ディーラー様及び実車にてご確認頂きますよう宜しくお願い申し上げます。
2017年9月11日更新
適合はありません
2017年1月10日更新
2017年9月1日更新
2017年9月21日更新
2015年5月28日更新
2014年7月10日更新
2015年10月19日更新
2017年6月8日更新
ホンダ車等一部車種に必要 トヨタ車の一部車種に必要 H12/1〜H13/4年式のエスティマで
ドアロックを連動させる場合に必要
 ¥3,000 ( 税別 )  ¥4,800 ( 税別 )  ¥600 ( 税別 )
     
JANコード 4950094060571 JANコード 4950094060632 JANコード 4950094135187
商品動作時にシートベルト警告灯及び警告音が生じますが、
異常では御座いません。
製品特徴
●車速約15km/hで自動的にドアロックを行います。同乗者、特にお子様の不注意によるドア開放を未然に防ぎます。※1
●車速ロック後、駐停車時にシフトレバーをDレンジからPレンジに入れる事で自動的にドアアンロックを行います。
●万一、衝突事故等でエンジンが止まった場合、自動でドアアンロックされます。※2※3
●車速ロック後、付属のアンロックスイッチでもドアアンロックを行うことが出来ます。その後、走行に応じて自動意的にドアロックを行います。※4※5
●LED照明を付属のアンロックスイッチに内蔵していますので夜間等の暗闇でも視認性に優れています。
  又、ドアノブでロック・アンロックを行う車両では付属のアンロックスイッチで簡単にドアアンロック操作を行えます。
●走行中に誤って付属のアンロックスイッチを押した場合、すぐに再ロックを行い、ドア開放を防ぎますので安全性に優れています。※4
●国産車のほとんどメーカーに対応しております。※6
※1 車種によりロックが動作する車速に多少の誤差がありますので予めご了承下さい。
※2 L端子線に配線されている場合のみ動作します。
※3 衝突によるドアやドアロックモーターの破損及びバッテリーが破損する様な事故の場合はアンロックしない場合がありますので予めご了承下さい。
※4 車両純正スイッチでアンロックされた場合は、その後の車速ロックは動作しません。
※5 付属のアンロックスイッチはアンロック動作のみでロック動作は行いません。
※6 一部車種で取り付けが出来ない場合があります。
安全及び取り付けに関するご注意
●指定された線を探すときは必ずサーキットテスターを使用し、検電器(ランプテスター)等は使用しないでください。
●本製品を取り付けする際は、他の機器に影響を与えない場所及び運転に差し支えのない場所に設置して下さい。
●車両のバッテリーが弱っている状態及び、車両本来の機能に不備がある場合には本製品を取り付け又は使用しないで下さい。
  製品が正常に動作しなかったり、車両機器に影響を与える恐れがあります。
●本製品の取り付けは、取り付け技術のある販売店で行って下さい。
●本製品と他機器と併用して使用する場合、他機器の取扱説明書もよくお読みになり正しい使用方法で使用して下さい。
●指定以外の電圧では使用しないで下さい。火災・感電・故障の原因となります。
●本製品を取り付けする際、電源の極性(+・−)を間違えないようにご注意下さい。又、電源コードが車体の金属部分に触れないようにご注意下さい。火災・感電・故障の原因となります。
●取り付けの際には必ずエンジンを停止した状態で行って下さい。火災・感電・故障の原因となります。